オンライン型の塾のデメリット

自宅学習のため集中を欠く場合がある

オンライン型の塾は、インターネットを通じて自宅で授業を受けることになります。目の前に先生がいる場合は、嫌でも集中を維持して勉強を続けなければならなくなります。また、他の生徒が勉強に打ち込んでいる姿を間近で見ることで、ライバル心も芽生えて勉強を頑張る意欲も湧くでしょう。しかし、周囲に自分しかおらず、自室というリラックスできる環境のため、集中力が続かなくなってしまうことがあります。勉強中でもつい他の事に気を取られて思うように勉強が進まないという可能性が高くなってしまいます。どんな環境でも集中力を維持して勉強を続けることが出来るタイプであれば問題はありませんが、この点がオンライン型の塾のデメリットになります。

授業が一方通行になってしまうことがある

オンライン塾には様々なタイプのものがあり、サポート体制も塾によって様々となるため、全てに共通しているわけではありませんが、授業が一方通行になってしまう可能性があります。普通の塾であれば、その場で先生に質問をしたり、周りの生徒との意見交換が出来るのですが、オンライン塾の場合は、その場での質問が出来ない場合があります。質問自体はできても、すぐに返信が来ないこともあるため、その場で生じた疑問をその場で解決できないまま授業が続いてしまうことになります。このような状態になってしまうと学習効果も薄くなってしまいかねないため、オンライン塾を選ぶ際には、どのようなサポート体制が整備されているかをチェックすることが重要となるでしょう。

© Copyright Learn Meaningfully. All Rights Reserved.